TOYOPEARLNH2-750

塩耐性(Salt Tolerant)イオン交換体

TOYOPEARL NH2-750

構造:

NH2-750構造

TOYOPEARL® NH2-750F は、試料や吸着溶離液の塩濃度が高くても吸着分離が可能な塩耐性(salt tolerant)イオン交換体です。
粒子径がFグレードで中間精製工程や最終工程に適しています。また、充填剤の細孔径が大きく、抗体からの凝集体の除去や、一般タンパク質、血漿タンパク質、ウイルス、ワクチンなどの巨大高分子など幅広い試料での分離が可能です。

特長
・官能基に第一級アミノ基(-NH2)を有し、異なる分離選択性を示す陰イオン交換体
・試料中や吸着溶離液の塩濃度が高い場合(0.15 mol/L NaCl)でも、吸着分離が可能。
・大きな細孔径を有し、抗体の凝集体の分離や巨大生体高分子の分離に有効。

主な適用物質 :抗体(凝集体の除去)、凝集体を含むタンパク質、一般タンパク質、血漿タンパク質、巨大生体高分子(ワクチン、ウイルスなど)

 

関連資料

取扱説明書

製品カタログ(リーフレット)

 

 

     モノクローナル抗体の凝集体の分離

NH2-750でのIgG分離例
     カラム:   5 mmI.D.×5 cm (1mL)
     溶離液A:20 mmol/L Tris-HCl (pH 8.0)
     溶離液B:20 mmol/L Tris-HCl + 1.0 mol/L NaCl(pH 8.0)
     グラジエント:溶離液A→B(リニア、60分)
     流速: 1.0 mL/min
     検出:    UV(280 nm)
     試料: モノクローナル抗体(IgG1、0.5 mg)

     たんぱく質の溶出挙動

NH2-750選択性比較
     カラム: 5 mmI.D.×5 cm (1mL)
     溶離液A:20 mmol/L Tris-HCl (pH 8.0)
     溶離液B:20 mmol/L Tris-HCl + 2.0 mol/L NaCl(pH 8.0)
   グラジエント:溶離液A→B(リニア、120分)
     流速:1.0 mL/min
     検出:UV(280 nm)
     試料:オブアルブミン (1 mg)